MAIL

平日9:00〜17:30 お問い合わせ

MENU

ブログ BLOG

2021/6/14 (Mon)

Adobe Flash Player終了について

Adobe Flash Player終了について
Tips

皆さんはFlash動画をご存じでしょうか。

私の小学生時代では、おもしろフラッシュ動画が流行っていて学校で語り合ったのを覚えています。 ですがとうとうFlashそのものが利用できなくなってしまいました。。。
2021年1月のWindows UpdateでFlashコンテンツが廃止されたからです。

廃止の理由は色々ありますが、一番の理由はセキュリティの脆弱性が深刻で、様々なセキュリティホールがあり終了直前にもマルウェアが見つかったようです。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/announcements/adobe-flash-end-of-support</p>

どうしても利用したい場合

Microsoftでのサポートは終了しましたが、EOL対応が間に合わず、Flash版の製品を利用している環境は少なからず存在します。 ※EOL:今度何が起こっても誰も助けてくれません。
その場合の対応を少し記載します。

    1.今すぐFlashの利用停止を検討してください、予算がないなど言っている場合ではありません。
    今後サポートされない製品を使用して起こるリスクは以下が考えられます。
    ・マルウェア感染
    ・第3者からのリモート操作
    ・データの流出

    2.踏み台サーバーを利用する Windows Updateを実行してしまうと、Flashコンテンツの強制ブロックされてしまうので、敢えてWindows Updateしていないサーバーを準備することで、Flashコンテンツを利用することが可能です。
    以下の例ではWindows Server2016でFlashを利用する手順を記載します。
    ① [サーバマネージャー]の役割で開きます。
    ② サーバーの役割で、[リモート デスクトップ セッション ホスト]にチェックを入れます。
    ③ [リモートデスクトップサービス]<[役割サービス]で[リモート デスクトップ セッション ホスト]にチェックを入れます。
    ④ インストールします。
    ⑤ サーバー再起動します。

まとめ

10年前に見ていたFlash動画が見れなくなると、寂しい気持ちもありますが、利用できないものは仕方ありません。

利用していると、どんなリスクがあるか分からないので、Windows Updateの実施やAdobe Flash Playerの削除することをおすすめします。