MAIL

平日9:00〜17:30 お問い合わせ

MENU

ブログ BLOG

2020/9/21 (Mon)

機械は想像しているだろうか

機械は想像しているだろうか
Tips

人工知能(AI)という言葉が世間に知られるようになってから随分と経ちました。
SiriやGoogle Assistant、Alexaなど、皆さんはいつでもAIに触れることが出来ます。

既に皆さんも効率よく生活をするための手段として、
検索やスケジュール、天気予報の確認などでAIを利用されているかと思います。

AIの能力は、言葉を理解しそれに必要な対応を行うことや
大規模データを分析し有意味な結果を導き出すための算出など、
様々に活用され、日々進化を遂げています。


では、人間にだけ出来ることは、何があるでしょうか。
それは、想像力だと思います。

人は、想像しながら新しいものを創造します。
自分の経験を絵にしたり作曲したり、小説を書くなど、
人が自分の想像力を表現する方法は様々です。

すなわち想像力は、何かを創造する時に最も重要な要素でしょう。

もし、機械が小説を書き、絵を描き、作曲をするとしたらどうなるのでしょうか。
それの実現が日々近づいているとしたら・・・。


2018年にAIが描いた肖像画が、ニューヨークの競売で43万2500ドルの価格で販売されました。
そのAIには、14世紀から20世紀までの人物画を15000本以上学習させてから描いたそうです。

柳1.jpg

               参考CHRITIE'S 

Googleでは、フィンセント・ファン・ゴッホの画風を学習させたDeep Dreamを公開しました。
このサイトは、イメージファイルを認識し新しい再解釈し絵を描いてくれるサイトです。
入力したイメージは、すぐに様々な画風で描かれます。

柳2.jpg              参考:DEEP DREAM GENERATOR



それだけではないのです。
数千曲のクラシック音楽を学習させたAIVAというプログラムは、
広告社と映画で使われるアルバムを出版しました。
 参考AI作曲プログラム_AIVA

今まで人間のアシスタントとしか思われてなかったAIが人間の競争者として
現れたと言っても過言ではないでしょう。

もちろん、現時点では人間に比べ微弱な創造能力かも知れません。
しかし、20年後や30年後にAIが作る脚本と小説はどうなっていますでしょうか。

その時にも私たちは、その世界で新しいものを「想像して創造する。」ことが出来ると断言が
出来るのでしょうか。

参 考

CHRITIE'S"https://www.christies.com/

DEEP DREAM GENERATOR : https://deepdreamgenerator.com/

AI作曲プログラム_AIVAhttps://www.youtube.com/channel/UCykVChITx5kqBoGkzfz8iZg

AIが書いた脚本の映画_SunSpringhttps://www.youtube.com/watch?v=LY7x2Ihqjmc


                                ==リュウ==