MAIL

平日9:00〜17:30 お問い合わせ

MENU

ブログ BLOG

2019/5/31 (Fri)

ロンドン旅行記⑰

ロンドン旅行記⑰
雑談

ロイヤルオペラハウス!!!

royaloperahouse.jpg

今回私の旅の目的の1番は、「英国ロイヤルバレエ団」の本拠地「ロイヤルオペラハウス」を見ることで、嗚呼、ようやく来れました。

本当はここで、ロイヤルバレエ団の上演が見れたら、もう本当にそれは本望だったのですが、残念ながらこの時期、ロイヤルバレエ団は海外遠征中。

でも、建物を見るだけでも価値がある。あの、吉田都さんや熊川哲也さんが踊った、あの建物!ロンドンに来たら、絶対私が行かなければならない場所。

長男は「ほんとバレエ好きだね~」と呆れていましたが、それでも付き合ってくれました。

ロイヤルオペラハウスの道路はさんで隣りには「ロイヤルバレエスクール」があります。ここでの厳しい訓練に耐え、選ばれし者だけが、ロイヤルバレエ団に入団でき、ロイヤルオペラハウスで踊ることが出来る。

ロイヤルバレエスクールとロイヤルオペラハウスの建物の間には、細い、階段をねじらせたような通路があります。選ばれし者だけが通れる、いわばそれは「虹の架け橋」。

royalballetschool.jpg

階段をねじったような不思議な形状の通路ですが、光を浴びてキラキラ光り、 嗚呼、ここを通過出来るであろう人たちの、誇らしく晴れがましい気持ちを想像するだけで、涙がこぼれてしまうのです。

その 「ロイヤルオペラハウス」 は、TUBE(地下鉄の愛称。正式にはUnderground) にのって、ピカデリー線の「コヴェント・ガーデン駅」からすぐのところにあります。

パブやタクシー、バスが行きかう騒がしい駅から本当に歩いてすぐのところでした。

バラが咲き乱れ、噴水なんかもあるおしゃれな庭園の奥まった場所にある、とか、上演を楽しんだお客様がその余韻に浸れる素敵なカフェ街・・・といった空間を勝手に想像してましたが、本当に拍子抜けするくらい、普通の賑やかな駅前からあるいてすぐ。

それだけ庶民の生活に根付いているのかなーとも思ったりしました