MAIL

平日9:00〜17:30 お問い合わせ

MENU

ブログ BLOG

2018/9/18 (Tue)

ロンドン旅行記⑭

ロンドン旅行記⑭
雑談

だめだめなヒアリング

さてこのハリーポッタースタジオツアー。ガイドしてくれる人がイギリス人で、スタジオ内の説明をずーっとくっついてがっつり説明してくれたのですが、残念ながら100%英語で、悲しいくらいわからない。それでもなんとか判ったのは

  • 作者のJKローリングは映画化にあたり、ドレスの色まで細かく要求をだしていた
  • ホグワースに向かう汽車は実際使われていたもの
  • 出演する子供達にけっこうセットを壊されて大変だったこと
  • 映画で使われる家具はスタッフがあちこちアンティークショップや家具屋さんを回って集めた

・・・これぐらい!

あんなに時間をかけて懇切丁寧に説明してくれたのに。これはちょっと勿体無かったです。もし皆さんがここに来ることがあるなら、現地の人のガイドツアーを頼むより、日本語オーディオガイドを現地でレンタルしたほうが安上がりで、よく内容も判ると思います。

スタジオは当たり前ですが、セットや衣装が本物で、写真も撮り放題だし、カフェテリアやお土産屋さんも充実しており、それほどハリーポッターファンではなかった私でさえ、扉があいてホグワースの食堂部屋がバー!っと現れた時は、うわー!っと感動しました。

stuio1.jpg

studio2.jpg

studio3.jpg

本当に広大なスタジオで、ハリーポッター大好きな人なら余裕で一日過ごせます。

お昼はスタジオ内の巨大なカフェテリアでご自由にどうぞスタイル

長男はまたハンバーガーがいいと仰る。

メニューが写真付きで判りやすかったので「ディスワン、プリーズ」って頼んでみし!と長男に言ったけど、案の定「俺、絶対やだ!」とアルマジロトカゲみたいな目つきで拒否られる。

ユーはハンバーガーだけ食べに英国に来たのか?

お昼をはさんで、バスと列車でユーストン駅まで戻ったらもう夕方

この日は宿に戻る前にもう1つ立ち寄りたい場所があり、そこはキングス・クロス駅構内にある9と3/4ホーム。ハリーポッターファンならすぐお分かりになりますよね。ハリーがホグワースに向かうため列車を探していたとき、 9と3/4ホーム に突入!したのを。

この キングス・クロス 駅構内にそれが再現されているとのことで、駅構内を歩いているとあったあった!ただしすごい撮影の行列。ざっと見て50人くらい撮影待ちで並んでいました。まぁ見れてよかったよね、ということで撮影待ち行列には加わらず、横からこそっと写真を撮って終了。

ハリーポッター三昧な一日でした。

沢山歩いて疲れてしまい、この日の夕飯は、また駅構内のカフェテリアで、パンやサンドイッチ、サラダ、果物等を買って帰り、ホテル内でムシャムシャ→爆睡。グルメとは程遠い親子です。