MAIL

平日9:00〜17:30 お問い合わせ

MENU

ブログ BLOG

2020/4/20 (Mon)

IoT(Internet of toilet)のはなし②

IoT(Internet of toilet)のはなし②
IoT

「トイレの個室空き状況確認システム」の仕組みにBeaconが利用されている事は、

前回の記事でお話ししましたが、今回は、なぜこのシステムをBeaconで実装したのかを

考察してみたいと思います。まず、Beaconの仕組みとして、下図のようになります。

図3.png

必要となる機器は個室の数量に応じたBeacon端末と

トイレ1つに対して1つのゲートウェイ機器となります。

例えば、「トイレの個室空き状況確認システム」を実現するためには、

その他の様々な技術での実現可能ですが、おそらくBeaconで実装することが

圧倒的にコストパフォーマンスとして高くなると言えます。

その理由、として

・端末が安い...高いものでも1万円未満

・設置が簡単...ドアに取り付けるだけ、配線などは無用

・電池で稼働...市販の電池で1年以上稼働する

「導入コスト」「運用コスト」の両面において他の方法より優れていると言えます。

これで「トイレの個室空き状況確認システム」の仕組みはわかりましたが、

このシステムは、ユーザーにとって便利なサービスだけではございません。      

次回は運営側のメリットについて考えてみたいと思います。