サン・エム・システム株式会社 リクルートサイト │ トップページ      

Voice of employees社員の声




萩野匡史

技術本部 技術支援部 萩野匡史

業務内容

サン・エム・システムに入社して、6年目になります。 元々、パソコンは得意ではありませんでしたが、物作りをしてみたい、という思いで入社し、現在はシステム開発案件で設計作業を担っています。 自分が作成したシステムが、世の中で実際に使われること、システムを使っているお客様から褒めて頂けることに、やりがいを感じています。 また、最近では自分自身の成長も実感できるようになりました。

こんな会社です。

サン・エム・システムは、色々な経験をさせてくれる会社だと思います。入社した当時は分からないことだらけで、こんな自分が役に立てるかとても不安でしたが、先輩方の指導もあり、最近ではチームリーダなど責任あるポジションも任せてもらえるようになりました。 また、社員同士が仲良く、先輩方は気さくに後輩に話しかけてくれ、飲みに連れて行ってくれたりと、いつも後輩を気にかけてくれます。とても温かい会社だと思います。




岡本宜久

大阪支店 システム部 岡本宜久

業務内容

私の業務内容は2つあります。1つ目はお客様先での業務、2つ目は社内での管理職としての業務です。 1つ目は、いわゆるSier企業での常駐業務ではなく、そのSierの顧客、つまりエンドユーザーでの常駐業務です。Sierとエンドユーザーの業務内容で「何が違うの?」「やることは一緒じゃないの?」と思われる方がいるかと思いますが、実は全く違います。 Sierのほとんどは与えられた業務をこなす(SEとしてスキルを提供する)ことですが、エンドユーザーは「自分で仕事を作ることができる」という点が1番の大きな違いです。そのユーザーのシステムの問題点を把握し、提案し、予算化し、案件化し、問題改善することが今の私の業務です。 これはつまり、当社で受託しやすい環境を作り出せるということにつながります。これに非常に大きなやりがい(面白さ)を感じています。 2つ目の管理職としての業務ですが、現在1つの課を任されています。 業務内容は主に「数字の管理」「部下の管理」です。 最も重視しているのはコミュニケーションです。部下は客先に常駐していますので、毎日顔を合わせることは基本ありません。そのため部下一人一人とコミュニケーションを密にとることを最も大切にしています。

こんな会社です。

まず「厳しさ」と「優しさ」両方で社員を育てているという点が挙げられます。私も上司や先輩から、厳しく、優しく指導されここまでやってきました。人間として、社会人として、そしてSEとして成長することができ、今とても感謝しています。またサン・エム・システムは、風通しが非常に良い会社です。上司と部下、先輩と後輩の間に、良い意味で壁が無く、自分の考え、意見を言いやすい会社であり、これは大企業にはない、サン・エム・システムならではの素晴らしい文化だと思います。 サン・エム・システムのいいところはこのように色々とありますが、一言で表すなら社員全員が時にはライバル、時にはチームとして切磋琢磨し、そして仲良く共存している。そんな家族のような会社です。




野村忠史

営業本部 営業部 野村忠史

業務内容

私はサン・エム・システムに転職して10年になります。前職も営業だったのですが、実は面接を受けに来たときはエンジニア志望でした。気づいたら営業として勤務していましたが、10年間やってきて、色々な経験と人脈ができ、やはり営業に就けてよかったと思っています。 主な業務内容は、案件への提案(見積、体制)を纏めることとソリューション展開です。提案に際しては、ビジネスパートナー様と協力して体制を構築します。社内外との連携によって提案した内容で受注できたときの達成感は大きく、やりがいを感じます。 また営業職なので、色々なお付き合いや交流があり、全く別のところでできた縁が、他の機会に偶然繋がる瞬間があります。それが営業の醍醐味であり、受注と同じくらいやりがいを感じる瞬間です。

こんな会社です。

サン・エム・システムは、勢いとスピードがあり、常に走りながら考える社風の会社です。成長し続けている理由はそこだと思います。 またクラブ活動なども活発で、飲み会などでのコミュニケーションの場も多いです。社員同士の仲がよく、いい意味で適度な“ゆるさ”を持ってます。 まだまだ発展途中で、これからどんどん変わる、変えられる可能性を秘めている、自分次第で変化の中枢に寄与できるチャンスが誰にでもある、そんな会社だと思います。




鈴木さやか

経営管理本部 経営管理部 経理課 鈴木さやか

業務内容

日常の経費精算から売上、支払の管理、税金関係の処理など、サン・エム・システムのお金まわりの仕事を担当しています。売上や利益に関する社内資料の作成も重要な仕事のひとつで、営業やSEの方々とコミュニケーションを取り、確認しあいながら進めていますが、もっと効率よく進めるにはどうしたら良いか、日々奮闘中です。 またお金に関する部分のほぼすべてに携わっているので、お金の流れを通して会社のことが深く判るようになってきました。一部分ではなく全体的に関われることにやりがいを感じています。 管理部門にいる者として、第一線で活躍しているSEの方々を影で支え、役に立つことが自分の使命であると考えています。今後はさらに知識を深め経験を積み、経理の視点から会社をより良くしていきたいです。

こんな会社です。

サン・エム・システムは大きな会社ではありませんが、だからこそ得られるものがあります。 私が入社を決めたのは、採用面接で今後の展望を聞き、そこに携わる一員になりたいと感じたからでした。ある程度出来上がった組織よりも、これからどんどん変化し発展していこうとする組織のほうが、それを「つくる楽しみ」を味わえると思ったのです。 実際入社してみると、そのためにすべきことが沢山あり、そこに向かって取り組んでいる方が沢山いることがわかりました。楽しいことばかりではなく、大変なこともありますが、その分やりがいを感じる日々です。 ひとりひとりの守備範囲が広いので、任されることも責任も大きく、自分を成長させるチャンスを与えてもらっている実感があります。